これで解決!初対面でも会話が盛り上がるネタ【実践済み】

人間関係

まだあまり親しくなれていない方との会話って緊張しますよね?

誰しもどんな話をすればいいのか悩んだことはあるでしょう。

しかし相手がどんな人か、まだよくわかっていない状況だからこそ、色々と聞けるという一面があります。

なので今回は異性であろうと、初対面だろうと、まだ親しくない相手でも通用する会話を盛り上げるネタをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【前提】主語は相手であること

ネタを書いていく前にまず覚えておいて欲しいことがあります。

それは会話の主語は相手であること。

例えば、〇〇さんは普段旅行とか行かれるんですか?みたいな感じです。
なぜなら人は基本的に、自分のことしか興味がないからです。

僕も会話を盛り上げるために色々とネタを試してみましたが、相手のことを軸にした話が一番楽しんでもらえます。

なので会話をするときは、相手を主語にしましょう。

会話を盛り上げるネタ

とうげつ
とうげつ

相手を主語にした会話のネタはこちらです!

・今住んでいる場所
・出身地
・出身大学
・学生時代の部活
・みんなが経験したことの話
・休日はなにをしているか

上にあげたものをスタートにして会話を広げていきましょう。

例えば相手の出身地。

これは女性との会話にオススメの7つの話題&ネタ【堂々とした態度は重要】でもご紹介しましたが、ここでも改めて書きますね。

相手の地元が新潟だとしましょう。

新潟といえば、ぱっと浮かぶだけでも「お米がおいしい」「雪がすごい降る」「スキー場が沢山ある」といったことが思い浮かびます。

そうなると以下のような話題で話を膨らませていくことができますね。

とうげつ
とうげつ

地元ってどこなの?

地元は新潟だよ

とうげつ
とうげつ

じゃあ冬はすごく雪降るんだ?

そうそう!冬は耳あて必須だね笑

とうげつ
とうげつ

やっぱそうだよね!東京って1センチ積もるだけで雪道の歩き方をテレビでやるから雪に弱すぎだなーって思わない?

すごいそれ思う!ホント雪に弱いなーって思っちゃう笑

もっとマイナーな話でも使うことができます。
例えば千葉の総武線沿線のある地域に住んでいる人に向けては

「津田沼行きは勘弁して!って思ったりしない?」

高崎線を使っている人なら

「10両編成が来ると絶望的にならない?」

なんていう、そこに住んでいる人のあるあるネタを振ることもできます。

※津田沼行き=千葉行きが多い中、手前の津田沼駅で終わってしまう総武線の行き先。津田沼駅から先の人の悩み。
※10両編成=高崎線は利用者が多いので基本15両で走る。たまに10両で走る電車が来るのでそれに乗ると混雑率が爆上がりする。

同じように、趣味やサークルや仕事の話題もイメージから質問をしていくことができます。こんな感じで連想していくといいですよ↓

ジョギングが趣味→朝走ってる人が多いイメージ→早起きして走ってるの?

テニスサークル→めっちゃ飲み会とかやってそう→飲み会とか多かった?

職業がデザイナー →徹夜が多そう→徹夜が多そうなイメージあるんだけど大変?

といった感じですかね。

緊急事態宣言の時、何してました?

そして「みんなが経験したことの話」というものが引っかかっている方もいると思うのでその話もしますね。

具体的に言うと、成人式、緊急事態宣言、昔やっていたゲームなどです。

成人式や緊急事態宣言ってほとんどの方が経験しているはず。
例えば緊急事態宣言を例にしますね。(期間で言えば、2020年の4〜5月くらい)

その時何してました?って聞けばいいんです。

とうげつ
とうげつ

緊急事態宣言の時、何してました?

家で本読んだりしてましたねー
あとは犬の散歩かな…

実際にあった例ですが、この時点で「犬」と「本」っていう単語があるので、ここから「犬飼ってるんですね!どんな犬ですか?」とか「どんな本読まれるんですか?」みたいに振ることができます。

そして昔やっていたゲーム。
これは年が近い人ほど盛り上がると思います。

僕は今24歳で、ポケモンのルビー・サファイア・エメラルド・ダイヤモンド・パール辺りがガッツリ世代なんです。

自分より5つ下くらいまでだったらこういった当時流行っていた話題が結構通じます。

「エメラルドの時最初のポケモン何にしてました?」なんて話もいけますね。

ただ、いきなりこう聞くのも変ですよね?
なので小学生の時何かゲームしてました?って話からスタートすると違和感なく進められると思います。

自分の話はしなくていい

相手から話をふられれば別ですが、基本的に自分の話はしなくていいです。

相手との会話を盛り上げるために、自分の話は不要です。

ちなみに話し相手が気になる女性だったら、以下の記事も役にたちかと思いますので参考にしてみてください。

とうげつ

現在はカフェスタッフとして働きながら、ブログ運営と音声アプリhimalayaでラジオをやっています。

とうげつをフォローする
人間関係
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント