隠れた費用を見落とすな【それは本当におトク?】

人間関係

今回は隠れた費用を見落とすなというテーマで話をしていきます。
一見おトクに見えることでも、実は隠れた費用があることって結構あるんです。

とうげつ
とうげつ

わかりやすいように、ちょっと雑に具体例を出しますね。

例えばですが、あなたはとても美味しいラーメン屋さんができたことを知ったとします。

しかもクオリティが高い上に、料金も600円とかなりリーズナブルな価格だとします。
ただ場所はあなたの自宅から電車で5駅くらい離れたところにあります。

ここであなたは600円だって!安い!これは行くしかない!と思ってラーメン屋に行く場合、その時点でラーメンは600円ではなくなっているんです。

どういうことかというと、ラーメンの値段に加えて、ラーメン屋さんまでの交通費がかかるからです。

電車で5駅といえば、都内だと大体片道200円くらいですね。つまり往復で400円。

行くって決めた時点で、1000円払ってラーメンを食べに行くことになっているんです。

仮に自転車で行くとしても、駐輪場代がかかるはずなので、結局高くついてしまいます。

つまり一見安いと思ったものでも、ほかに隠れた費用があるんです。

これに気がついていない人が意外といるなって思ったんです。

他にも、手数料とかなんとか料っていう費用がかかることを気づいていないパターンもありますね。

格安航空の広告とかでよくあるんですが、東京から大阪まで片道3000円とか書いてあっても別途手数料とかで結局倍以上の値段を払うことになってしまう。

だからおトクなものって、本当にトクなのか一度立ち止まって考えてみるのがオススメです。

僕は旅行の際も、この値段は本当におトクなのかどうか考えるようにしています。

旅行に限った話ではないですが、安いから買おうって飛びつくのはオススメしません。

とうげつ

Webライターとして働く24歳です。前職はカフェスタッフでした。会社で働きながら、ブログ運営と音声アプリhimalayaでラジオをやっています。

とうげつをフォローする
人間関係
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント