7日後にライターを辞めるカフェスタッフの記録【あと2日】

生活

カフェでの仕事を終えて帰宅しました。

カフェでの仕事はやったことがあるとはいえ、仕事内容は違うのでなかなかに大変です。

今回はそんなカフェでの仕事から得られた教訓を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

一つのことに時間を費やした方が効率が良い

僕は今日、レジ練習のためレジでのお会計をずっとしていました。

7時間勤務でしたが、5時間半はレジをやっていたと思います。

とうげつ
とうげつ

ドリンクの作り方をまだ習っていないので、レジの時間が多かったんです。

最初はレジ画面の操作やお会計のやり方に右往左往して大変でしたが、その日の勤務が終わるころには滞りなくお会計がこなせるようになっていました。

たいていのカフェは、仕事に飽きさせないように1時間〜1時間半ごとにポジションを変えています。

僕が勤務しているお店でもこのやり方なのですが、この定期的にポジションを変える方法って大きな欠点があるんです。

それは「新人には向かない」ということ。

新しく入ってきた人にとっては、全てのポジションがまったくできない状態です。
つまりどのポジションをやっても覚えることがたくさんあるということ。

これでは覚える量が多すぎて、必ず知識の取りこぼしやミスが発生します。

なので、まずは一つのことに一点集中した方が結果的に効率が良くなるということがわかりました。

僕はレジを5時間以上もやったことで、レジ業務はそつなくこなせるようになりました。

まだ完璧というわけではありませんが、かなり成長したと思います。

時間で区切るって意外と効率悪い

これはカフェに限った話ではありません。

僕は少し前まで、ブログ、YouTube、ラジオ、note、インスタ、Twitterを毎日並行してやっていました。

ただ非常にしんどくて、今ではブログとラジオしか行なっていません。
振り返ってみると、やるべきことを絞って一気にやったほうが効率が良かったです。

この時間からこの時間はブログ、そのあとはYouTubeの編集をやって…ということをやると効率が落ちます。

YouTubeをやってから再びブログの執筆に戻ると、どこまで進めたっけ…?というふうにまた一から思います再起動の時間ができてしまいます。

これが効率を下げる原因です。

なので仕事を覚えたいとか、仕事を片付けたいというなら、やることを絞ってそれだけをやることに意識を向けた方がいいでしょう。

明日は最終日

余談ですが、僕は明日ライターの仕事が最終日を迎えます。

完全に自己満の記事をここまで読んでいただきありがとうございました。

明日で最後ですので、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

ではまた!

次の記事 7日後にライターを辞めるカフェスタッフの記録【最終日】

とうげつ

Webライターとして働く24歳です。前職はカフェスタッフでした。会社で働きながら、ブログ運営と音声アプリhimalayaでラジオをやっています。

とうげつをフォローする
生活
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント