動画編集の仕事の取り方3つ【自分のキャラづくりが大事】

動画&ブログ

動画編集の仕事をやってみたいけど、どうやって案件を取ればいいんだろう…

そう考える方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、動画編集の仕事の取り方をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

僕の動画の経験を書かせていただくと、学生時代に動画制作のサークルに所属していて、その経験をもとに動画編集の案件をこなしていました。

現在はWebライターといて働いていますが、YouTubeで鉄道・旅行をテーマにしたチャンネルをアップしています。

スポンサーリンク

動画編集の取り方3つ

動画編集の仕事の取り方は以下の3つです。

この3つが基本的な取り方なんじゃないかなと思います。

・クラウドサービス
・SNS
・直接依頼

動画編集の取り方① クラウドサービス

一つ目が、「クラウドワークス」や「ランサーズ」のようなクラウドサービスから受注する方法です。

初心者OKの案件も多く、受注しやすいです

ただ、ずっとクラウドで相手の言い値で受注していると時間ばかりが無くなっていくので、いくつか案件をこなしたら単価を上げる交渉をしていくことが重要です。

クラウドで培った力をブログとかで記事にして発信していくみたいな流れはオススメです。

動画編集の取り方② SNS

TwitterなどのSNSで自分の実績を貼っておくと動画案件の相談が来るそうです。

なぜ「そうです」なのかというと、これだけ実際に経験したことがないからです笑

実際、自分のポートフォリオをTwitterのプロフィールや固定ツイートに貼っていたら案件の相談が来た人を知っています。

ちょっと考えてみて、この仕組みいいなと思いました。

というのも、受注者(あなた)が発注者を選べるからです。
クラウドだと、発注者が受注者を選べてしまうので必然的に安く受注できる人が選ばれます。

とうげつ
とうげつ

しかし、SNSでは逆のことが起こります。

自分のプロフィールを見て発注者が依頼する仕組みになっているので、この値段で受けますという交渉がやりやすくなるんです。

SNSはいろんな人とつながれる分、変な案件も来るそうなので、そこは気を付けましょう。
僕もマネて、先日こんなツイートを固定ツイにしました。

動画編集の取り方③ 直接依頼

3つ目が直接依頼されることです。
友人や、会社の人、つまりあなたの周りの人から動画作ってよと依頼されることです。

僕もこの依頼が一番多かったです。
これの何が良いかというと、友人の依頼をこなしたらさらにその友人のツテで案件を頼まれることがあるからです。

普段から、自分は動画作っていますということを言っておくこと。
動画編集をやっているキャラを作っておくんです。

何か新しい活動を始めた友人などに、「こんな動画作ってほしいっていうのがあったらいつでも言ってな」みたいなことを言っておくといいですよ。

そのおかげで、前職のカフェの新店で流すムービーを作ったり、友人の知り合いの学生団体の人から運営したイベントのダイジェストムービーを依頼されたこともありました。

ここにポートフォリオを貼りたいんですが、企業秘密であることと、個人情報がばれてしまうので貼れないです…すいません…

ようは、普段から軽く営業をかけておきましょうということです笑

動画編集で使えるといい動画ソフト

動画編集をするにあたって、使えておくといいソフトがあります。

・Adobe Premiere Pro
・Final cut Pro

友人やSNSからの依頼であればあまり関係ありませんが、クラウドで仕事を受注する際はだいたい上のどちらかですので使えるといいですよ。

発注の条件としてよく提示されています。

Premiere Proの使い方は以下の記事で簡単に解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

オススメ Adobe プレミアプロの魅力や購入方法をご紹介!【編集のやり方も教えます】

とうげつ

Webライターとして働く24歳です。前職はカフェスタッフでした。会社で働きながら、ブログ運営と音声アプリhimalayaでラジオをやっています。

とうげつをフォローする
動画&ブログ
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント