YouTubeは恥ずかしくてもやったほうがいい【克服方法をご紹介】

人間関係

YouTubeやってみたいけど恥ずかしい…

周りから笑われないか心配…

こんな感じで、YouTubeをやるにあたって「恥ずかしい」っていう感情は少なからず出ますよね。

今回は、そんなYouTubeをやってみたいけど恥ずかしいと思っている方に向けて恥ずかしさの克服方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

恥ずかしさを克服するためには

結論から言うと、「恥ずかしい」を克服するには回数をこなすことです。
つまりさっさとYouTubeを始めたほうがいいと言うこと。

なぜなら、恥ずかしいっていう気持ちは自分で消すことができるからです。

最初の一本目の動画投稿はとんでもなく恥ずかしいと思います。

しかし、勇気を出して一度でも動画を上げてしまうと2回目以降って最初よりもハードルが低くなるんです。

あなたが顔出しするのか、声だけの動画を撮るのかわかりませんが、どちらにせよYouTubeをやりたいならさっさとやりましょう!

自分もYouTubeの声出しは嫌だった

僕はもともと、声出しでYouTubeをやるのが嫌でした。
滑舌が悪いし、声がけこもりやすくて恥ずかしかったからです。

ただ、僕は今YouTubeで「ラジオチャンネル」と「鉄道・旅行チャンネル」をやっています。

両方とも声を入れて喋っています。

ラジオチャンネルを始めた理由は、文字だけでなく声で伝えることをやってみたいと思ったからです。

鉄道チャンネルの方はテロップ入れがしんどすぎてラジオチャンネルの後に声出しを始めました。

もちろん最初は恥ずかしかったし、聞き取れるかなとか心配な事もたくさんありました。
しかし、何本もあげているうちにそこまで気にならなくなったんですよね。

とうげつ
とうげつ

声を出すことに慣れてきたんです

ちょっと前まで「どんなテロップ入れようか」だったのが、今は「どんなナレーションをしようか」に変わりました。

やりたいならやったほうがいい

最後は精神論になってしまいますが、YouTubeを始めたいならやったほうがいいですよ。
理由は簡単で、やりたいのにやらないのは後悔を生みやすいからです。

恥ずかしいって、結局慣れで解決できるんだなということを学びました。

やったことがないものに対して抱きやすいので、一度それを経験してしまえば2回目以降のハードルは一気に下がります。

僕も始めるまで時間がかかりましたが、YouTubeを始めてみてよかったと思っています。

YouTube楽しいですよ。
再生回数1とか増えるだけでもテンション上がります笑

コメント貰えるとやってよかったなって思えますよ。

ちょっと宣伝になりますが、YouTubeでラジオチャンネルをやってますのでよければ一度聞いてみてください!

聞いてよかったと思える話を意識してアップしています!

暇な時ほどコレはしたほうがいい【元無職が語ります】

とうげつ

Webライターとして働く24歳です。前職はカフェスタッフでした。会社で働きながら、ブログ運営と音声アプリhimalayaでラジオをやっています。

とうげつをフォローする
人間関係
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント