就活がつらいならやめてみるのもいいと思う【僕は一度逃げました】

大学生活

行きたい企業がない…

全然採用されない…

周りはどんどん決まっていくのに自分だけ終わらない…

新卒採用に向けて就活をしていると、必ずこういった悩みにあたりますね。

そういうのは当たり前だから我慢して就活したほうがいい!つらくても頑張らないといけないんだ!

周りに相談しても帰ってくるのはそんな言葉ばかりです。ですが僕は就活がつらいのであれば一旦やめたほうがいいと思っています。

今回は、就活がつらいなら一度逃げましょうという話をしたいと思います。

スポンサーリンク

新卒は大切だけど、身体はもっと大切

新卒というのはもちろんプラチナチケットです。
学生という身分は最強で、どんな企業からも好意的な目で見てもらうことができます。

しかし、僕は別記事でも書いた通り就活が嫌で新卒というプラチナチケットを捨てました

就活がつらいなら一旦やめてみるのもいいと思う【僕は一度逃げました】

振り返れば、大手ばっかエントリーしていたことが一番の原因だったのですが、それがわかるのはもっと後のことです。

当時は半分ウツ状態で、内定をもらっていた友人に会うのが嫌になっていました。

結局、両親には本気で頭を下げて就活をやめる許しを得て、僕は内定を1つも得られないまま大学を卒業しました。

とうげつ
とうげつ

死にたいとまでは思いませんでしたが、精神的につらかったです…

新卒も大切ですが、それ以前に身体のほうがマジで大事です。
就活ごときで身体を壊すなんて笑えません。

つらいなら一度逃げてもいいと思う

つらいなら逃げましょう。
別に新卒なんて捨てて大学を卒業してから就活をしても、採用に意欲的な企業はたくさんあります

僕は大学を卒業して1年以上が経ちましたが、ずっとやってみたかったライターの仕事が決まりました。
試用期間で現在はアルバイトですが、社員登用も考慮してもらっているので頑張ります。

ぼくはいわゆる既卒で就活をしていました。

しかし既卒でも採用してくれる企業は多数ありましたし、むしろ新卒採用をやっていない会社もありました。

つらいなら一度逃げて、アルバイトしながらやってみたいことを考える期間を設けてもいいんじゃないでしょうか?

なんで就活をするのか

あなたに聞きたいのですが、なんで就活をするんですか?

はっきりとこれがやりたいからこの会社に入るって人は超レアです。

ほとんどの人は周りがそうだからとか、自分だけ就活をしていないのは周りから変な目で見られるからという理由で就活をしています。

僕もそうでした。
就活する理由なんて安定を手にすることと、少しでも良い会社に行って家族や友人からすごいと思われたいだけでした。

確かに社員のほうがアルバイトよりも待遇はいいですし給与もいいです。

しかし、社員はその分責任があります。僕は今回からしばらくライターとして働き、その傍らブログやYouTubeラジオをやっていこうと思います。

一度、なんで自分は就活をするのか考えてみてはいかがでしょう?

それは自分のためなのか、周りの目を気にして就活をしているのかはっきりさせたほうがいいですよ。

そしてこれが一番伝えたいことで、大学を卒業して1年くらいであればまだ若いので採用してくれるところはちゃんとあります。

新卒に失敗しても、来年頑張ろうという気持ちがあれば少しは気持ちがラクになるんじゃないでしょうか?

オススメ新卒の就活で50社落ちて卒業したけど、なんとか生きている話

オススメ200冊以上読んだ僕が教える、人生しんどいなと思ったら読んでほしい本4選

とうげつ

Webライターとして働く24歳です。前職はカフェスタッフでした。会社で働きながら、ブログ運営と音声アプリhimalayaでラジオをやっています。

とうげつをフォローする
大学生活
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント