飲食店でのアルバイトはほとんど役に立たない【一度やってみるのはアリ】

大学生活

アルバイトでよく選ばれるのは飲食店ですね。
僕も4年間カフェで働いていましたし、日雇いで飲食店のアルバイトをしたこともあります。

そんな経験を通してこそ伝えたいのですが、飲食店でのアルバイトは役にたちません。

今回は、その理由を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

飲食店のアルバイトは基本重労働

飲食店というのは基本人が足りていません。なので、スタッフにはかなり負担がかかります。

お客様に価値を提供したいと思っていても、忙しくてどうしようもないというのが正直なところ。

僕の勤務していたカフェは周辺にオフィスビルがいくつかあったので、ランチタイムや帰宅時間帯はかなりの混雑でした。

とうげつ
とうげつ

そのほかの時間帯も基本混んでいましたね。

しかし冷静に考えてみれば、この混雑をさばいたからといって何か役に立つかといえば何も役に立ちません。

社会経験なんて社会人になっても学べる

飲食アルバイトでの経験をする理由として、社会経験になるからというのがあります。

もちろん、社会経験をしてみるのはいい姿勢だと思います。
ただ、それなら社会人になってからでもいいんじゃないですか?

僕も社会経験のためにカフェでのアルバイトを始めたのですが、今振り返れば別に就職した後でもそんなものいくらでも経験できるなと思っています。

飲食店バイトは変な人が多い

僕はカフェのほかに、色んな飲食店バイトを経験してきました。
居酒屋・フレンチ・定食屋・イタリアンなどなど色んな業態のお店を経験してきました。

総じて言えるのが、飲食店で働いている人間って変な人が多いですね。

常にストレスがたまっているからなのか、1日派遣の僕に対しても無愛想だったり営業中にお客さんの前でスタッフにキレたりと、人として論外なのがたくさんいました。

もちろん、全ての人がそうではありません。

僕が1日だけアルバイトしたとある居酒屋の店長さんはこんな事を言ってくださいました。

「せっかくきてくれたんだからうちの店の料理、好きなの選んでぜひ食べていって」

ふつうは2000円くらいかかる料理を無料でまかないとしてふるまってくださいましたし、居酒屋バイトなんてやったことのなかった僕にとても優しく接してくれました。

とても良い人もいることは確かです。
ですがこういった人は超レアで、大半はクセが強めの人間が多い。

精神をすり減らしてくる人もいるので、そういった意味でも飲食バイトは大変です。

カフェは働きやすいけど…

以前カフェバイトのメリットデメリットの記事を書きましたが、これはあくまで飲食バイトの中では働きやすいという意味で書いています。

カフェで4年間働いた元スタッフが教えるカフェバイトのメリット・デメリット

カフェでの仕事はとても楽しかったのですが、カフェでのバイトが将来役に立つかどうかといえば役にはたちません。

とうげつ
とうげつ

しいて言えば少ない貯金ができたくらいです

とはいえ、飲食店バイトを一度経験してみるのもいいと思います。
世の中にはこんな人もいるんだなっていうことを学べる場になるからです。

一度やばい人と一緒に仕事をすると耐性がつきます。案外そっちの方が役に立ったりします笑

スキルが残る仕事をした方がいい

僕はこうしてブログを書いていまして、次の仕事はwebライター職になりました。

カフェでの仕事をするうちに、スキルが手に残る仕事をした方がいいんじゃないかと思って仕事を変えました。

もしあなたが何かおこづかい稼ぎのためにアルバイトをするのであれば、何かスキルが残るようなアルバイトをすることをオススメします。

例えばライターやデザイン、動画編集などなど。

もし今あなたが大学生ならそういったバイトをしてみた方がいいですよ。

とうげつ

Webライターとして働く24歳です。前職はカフェスタッフでした。会社で働きながら、ブログ運営と音声アプリhimalayaでラジオをやっています。

とうげつをフォローする
大学生活
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント