【初心者向け】プレミアプロの使い方!素材のアップから完成まで手順で解説!

動画

どうも、とうげつです

今回はAdobeのソフト「Premiere Pro(プレミアプロ)」の使い方を解説したいと思います

プレミアプロで動画を作りたい

使い方がよくわからない

簡単でいいから動画ができるまでを知りたい

こんな初心者の方に向けて書いていきます

僕は大学時代、映像制作やイベントを主催するサークルに入っていました

そこでプレミアプロを触る機会があり、それ以降大学のミスコン動画を作ったり、勤務していたカフェの新店で使うムービーを制作したりしてきました

今もYouTubeに動画をアップしていて、使っているのはプレミアプロです

とうげつYouTubeチャンネル

超プロいうわけではありませんが、初心者の方に向けて簡単に教えるくらいはできます!

とうげつ
とうげつ

ぜひプレミアプロで動画を作る際には参考にしてみてください

スポンサーリンク

プレミアプロで動画を作る手順

今回は手順ごとに解説していこうと思います。手順はこちら!

①動画用のフォルダを作る

②プレミアプロに素材をアップする

③編集する(カット、音量調整、テロップの入れ方)

④編集した動画の書き出し

一つ一つ解説していきます!

動画用のフォルダを作る

今回は、実際に僕のYouTube動画を作る過程を交えてご紹介します。まずはプレミアプロのファイルを作る必要があります

最初に素材をパソコンの中のフォルダに一つにまとめてください!東上線のTJライナーに乗ってみた動画を作っていきますので「TJライナー」という名前にしました

とうげつ
とうげつ

フォルダ名はなんでもいいですが、わかりやすいのがいいと思います

プレミアプロを開いたらトップ画面が出るので、「新規プロジェクト」を選択

そうしたらこの画面が出るので、保存先とプレミアプロのファイル名を設定

とうげつ
とうげつ

他は特にいじらなくて大丈夫です!

これでひとまず最初の段階はクリアです

プレミアプロに素材をアップする

ファイルを名を設定すると訳のわからないものがいっぱい並んだこんな画面が立ち上がります。

とうげつ
とうげつ

ここが動画を作っていくメイン画面になります!

向かって左下のプロジェクトの部分に動画や音楽、テロップなどを入れていきます

入れ方はシンプルで、ドラッグ&ドロップして入れればOKです

試しに3つの動画を入れていきます

ちなみに、ドラッグ&ドロップは移動させたいものを左クリックしながら持っていきたい場所に動かすことです

うまくいけばプロジェクトに動画が移動されます

音楽も同じように入れていけばOKです!

編集する(カット、テロップの入れ方、音声調整)

では、いよいよ編集をやっていきましょう

先ほど入れた動画を今度は右隣りのスペースに入れていきます

とうげつ
とうげつ

この部分をタイムラインっていいます!

ドラッグ&ドロップすればこんな感じで上画面とタイムラインに反映されます

青い線が二本ありますが、上が映像で下が音声です

これをどんどん繋げていくことで動画が出来ていきます!

今回はめちゃくちゃ基礎の3つ、カット・テロップ入れ・音声調整を教えたいと思います

動画をつくっている間は適宜Ctrl+S(MacならCommand+S)で保存をしてください!そうしないと突然パソコンが落ちたりした時にデータが飛びます

ポケモンでいう定期的にレポートを書いていくようなものです

とうげつ
とうげつ

ではまずカットからいきます

カット

カットはタイムラインの左にあるこのマーク(レザーツール)を押せばカットができるようになります

レザーツールを押したら、不要なところをカットしましょう!ちなみに、タイムラインの下にあるバーを動かせばより細かい秒数でのカットが可能です

そして先ほどのマークが並んだ場所からカーソルを押して(ここでいう一番上のやじるしアイコン)、不要な部分を選択してバックスペースキーを押せば消えます。Macなら確かデリートキーですね

消えた部分が空いているので、もう一度選択してバックスペースキー(デリートキー)を押すと後ろのシーンが詰めてくれます

詰めてくれない時は、動画の素材をドラッグ&ドロップしていくというアナログな方法もありますので試してみてください

テロップ入れ

テロップ入れは、動きのあるテロップや一般的な静止テロップっていうのがありますが、今回は静止テロップの貼り方をご紹介します

タイトル→新規タイトル→静止タイトルを選択

タイトル名の入力画面はなにもいじらずOKを選択。するとこの画面が出てきます

横向きのフォントは「T」(横書き文字ツール)をクリックして、テロップを入れたい場所にカーソルを押して文字を入力してくださ

フォントや色ももちろん変えることができます!

テロップが完成したら×を押しましょう

そうしたら、先ほど作ったテロップは左下のプロジェクトに入っているのでそれをドラッグ&ドロップでタイムラインに入れていけばOKです

音声調整

フリー素材の音楽を使うと、物によって最初から音が大きい場合って結構あるんです

そこで、音源自体の音を下げる方法をご紹介します。それをオーディオゲインといいます

まず、音源をタイムラインにドラッグ&ドロップします(BGMなどの音源は緑色のラインです)

それを右クリックで選択するとこんな感じのメニューが出てきます

そこからオーディオゲインを選択してください!

そうしたらゲインの調整をします。音を小さくしたい時はー(マイナス)を入れて数字を入力、反対に上げたいなら数字だけ入れれば大丈夫です

とうげつ
とうげつ

例えば5小さくしたいなら−5、大きくしたいなら5と入力すればOKです!

大きさは自分にとってちょうどいい具合に調整してください

例えば、−5っていれたけどもう少し小さくしたいなという時、オーディオゲインを選択し、さらに−数字を入力を入れてください

ここで注意なのが、オーディオゲインは足し算型であるということ

−5から−8にしたいなら、−8と入れるのではなく、−3と入れてください

とうげつ
とうげつ

−8と入れると−13になるのでかなり音が小さくなります笑

これは撮影した動画の音にも応用できます。動画の音声(ここでいう青いラインの下側)を右クリックすればオーディオゲインがでます

編集で便利なキー

編集をする際に重宝するキーやショートカットキーをまとめてご紹介します

・再生、停止 スペースキー(半角入力の状態にすると使える)

・カット(レザーツール)Windows 「Ctrl+C」 Mac「Command+C」

・選択(カーソル)Windows 「Ctrl+V」 Mac「Command+V」

・テロップだし Windows 「Ctrl+T」 Mac「Command+T」

僕のパソコンはCやVだけ押せばカットになるので、もしCtrlと一緒に押しても反応しなかったらC・Vだけ押してみてください

動画の書き出し

上でご紹介した3つの基本をやっていくとちゃんとした動画は作れます

素材をカットして繋げて、テロップ入れてを繰り返していくと動画ができていきます

はい、動画が完成しました!

と言いたいところなんですが、実はまだやることが残っています。それが書き出し

簡単に言うと、プレミアプロのファイルは動画を編集するためのもので、再生するためのものではありません。なので、YouTubeや普段見ているような動画にするにはそれ専用のファイルに置き換えないといけないんです

ではまず、左上のファイル→書き出し→メディアを選択

書き出し設定が出るので、出力名をクリック

するとフォルダ画面が立ち上がるので最初に作ったフォルダを選択して保存

これをしないと適当な所にファイルが保存されて探すのがめんどくさくなります笑

そうしたら、今度はプリセットの設定をします

これはどこで使うかで変わってきます。例えば、今回の場合はYouTube用なので「YouTube 1080p HD」を選択

ただ、基本的には高速ビットレートを選択しておけば問題ありません

それを選択したら書き出しを選択

そうしたら書き出しが終わるまで待ちましょう。動画によっては20分くらいかかったりもします

書き出しが終わったら再生できるか確認してみましょう!できていれば問題ありません

おつかれさまでした!完成です!

ちなみに今回作った動画はYouTubeで公開していますのでぜひご覧いただけると嬉しいです!ついでにチャンネル登録もしていただけると嬉しいです!

【シャトルラン】東武東上線の高速列車「TJライナー」に乗ってみた

プレミアプロができると動画案件が受けられる

動画制作の求人には、プレミアプロが触れる人を募集している求人が多数あります。極めれば動画制作で報酬を得ることもできますよ

僕の知人にも動画制作のフリーランスとして活動している人がいます

この記事でプレミアプロっておもしろいなと思っていただけると嬉しいです。動画制作って大変ですが、出来上がった時の達成感はひとしおです

カットやテロップなどの編集はまた別記事でご紹介しようと思いますので、出来あがり次第こちらにもリンクをはっていこうと思います

それでは最後までご覧いただきましてありがとうございました!

とうげつ

Webライターとして働く23歳です。前職はカフェスタッフでした。会社で働きながら、ブログ運営とYouTubeでラジオをやっています。

とうげつをフォローする
動画
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント