恋人へのプレゼントの予算は物よりも手間にかけると良い

恋愛

クリスマスや誕生日や記念日が近くなると、恋人へのプレゼントは何にするか考え始めますよね

しかし、高すぎても低すぎても相手をがっかりさせてしまう可能性があります

プレゼントで相手に喜んでもらいたい

他の人のプレゼントの予算はどれくらいなのかを知りたい

そんな方に、今回は恋人へのプレゼントの予算と、より相手に喜んでもらうための方法についてご紹介します

ちなみに、僕はカフェでスタッフとして働いていますが、お客様からタンブラーやカップや豆などのプレゼントについて頻繁にご相談を受けていて、予算でいかに相手に喜んでもらうかについても仕事の一環として行っています

スポンサーリンク

歳によってプレゼントの予算は変わる

当たり前なのですが、プレゼントの予算は歳によって変わります

学生さんなら予算は10000円前後

社会人なら予算は10000円〜40000円くらい

が目安です

社会人なら最低でも10000円以上は出した方がいいですね

30歳を越えてくると、50000円の予算という方も少なくないそう

そして、プレゼントの予算は間違っても低すぎてはいけません

この人ケチだなと思われるのが理由の一つで、

とうげつ
とうげつ

もう一つは「この値段があなたにかけることのできる金額です」って言っているようなものなので、予算は低すぎないように気をつけてください

予算を全て使ってプレゼントを買ってはいけない

例えば、あなたのプレゼントの予算が15000円で、渡すプレゼントはマフラーを買うとしましょう

マフラーにいくらかけますか?

15000円ですか?

確かにそれくらいなら高級なマフラーを買うことができます

高い物は質がいいですし、物持ちもいいから喜ばれるかもしれませんね

ですが、それを渡す場所、プレゼントを包む袋や箱なども予算に含めると、15000円以上の価値を渡したいあの人に与えることができますよ

15000円の内訳なら

食事代(6000円)

プレゼント代(9000円)※袋や箱などのラッピングも含む

という感じがいいんです

15000円のマフラーを渡せば、最高で15000円の価値を相手に渡すことができます

しかし、レストラン、渡す袋や箱などの手間を予算に含めれば、15000円以上の価値を相手に渡すことができます

とうげつ
とうげつ

一番オススメなのがメッセージカードで、人からの手書きのメッセージカードは、たった元手数百円で相手に何十倍もの感動を与えることができる最強のツールです

あなたも経験ありませんか?

部活の引退で後輩達から寄せ書きをもらって感動したこと

小学生の時にもらった友達からの年賀状に印字された「あけましておめでとう」の文字よりも手書きの一言メッセージのほうが印象に残っていること

とうげつ
とうげつ

人は、プレゼントを渡してくれたことにではなく、自分に「手間」をかけてくれたことに心が動くんです

なので、恋人にプレゼントを渡すなら手間も加えるべきなのです

予算でその物以上の価値を与えるのは商売と同じです

予算で無理をしてはいけない

もちろん、お金がないのに予算10万なんていう無茶をしてはいけません

無理をしているのは相手にも伝わってしまいます

とうげつ
とうげつ

見栄を張って高いものや高級レストランに連れていっても予算以上の価値を与えることはできませんよ!

逆に言えば、プレゼントの物は安くても、ほかの付加価値で予算以上の思い出を作ることは可能です

今ある予算で最大限の思い出をどうやったら作れるかを考えることが大切です

記念日、クリスマス、誕生日など、特別な日をステキな思い出にしてくださいね

とうげつ

4年以上の接客業の経験から人との関係を充実させたい方の役に立ちたいと思っています/現在はカフェでマネージャーをしながら人との付き合い方や恋愛についてブログで発信しています/ Twitterでは人間関係や会話を良くするコツ、カフェ関係についてツイートしています

とうげつをフォローする
恋愛
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント