会話を盛り上げたいなら「クイズ」を出すと効果的な話

人間関係

会話を楽しむためには、センスではなくテクニックが重要です

しかし、そう言われても会話が続かない。何を話していいかわからない

なんて思ってしまう方もいると思います

デートで会話が沈黙してしまったら、身の回りにある物をネタにするといいでは、会話で使えるネタやテクニックについてご紹介しました

今回も、会話を盛り上げるためのテクニックをご紹介します。デートや飲み会、普段の会話でも使うことができるので、ぜひ覚えておいてください

とうげつ
とうげつ

その方法はズバリ!「クイズを出す」です

スポンサーリンク

クイズ形式の会話は盛り上がる

クイズ形式といっても、あなたが出題者になるわけではありません

あなたが答える側になるんです

それだけで相手も会話を楽しんでくれます。一体どういうことかをわかりやすくお伝えします

例えば、兄弟の話になったとしましょう

とうげつ
とうげつ

そういえば、兄弟っているの?

いるよ!私は…

とうげつ
とうげつ

待って!じゃあ当てさせて!

っていう流れに持っていくことができます

これが「あなたが答える側になる」です

この状態だと、相手としては

自分はこの人からどうみられてるんだろう…(ワクワク)

という気持ちになりやすいんです。人に当ててもらうっていうのは、結構ワクワクするものです

あなたもこんな経験ありませんか?

「学生時代の部活は何をやってた」っていう話題で、背が高いからバスケ部っぽいとか、なんか雰囲気落ち着いてるから文科系の部活やってそう

って言われて、自分がどう見られているか知れた時のあの面白さ

それと同じことをやると盛り上がるんです。別に兄弟構成や部活じゃなくてもいいんです

出身地、血液型、星座、誕生日など…

とうげつ
とうげつ

明確な答えがあるものならなんでもクイズになります

それをきっかけに、あなたが答える側になって会話をしていけば盛り上がりますよ

クイズ形式の会話が嫌われる理由

クイズを出すのは盛り上がるのですが、会話中にクイズを出してくる人が嫌いだという方が一定数いらっしゃいます

理由は二つあります

「無理矢理回答者にされているから」と「大して興味もない相手との会話だから」です

例えば、あまり興味のない相手から

血液型ってなんだと思う?

なんて聞かれたらどうですか?一応答えるけど、大して面白くないですよね

最たる例が、

私何歳に見える?

です

特に女性に多いのですが、面白くない会話の典型例です

出す側からすれば自分はどう見られているんだろう、なんて楽しみに答えを待っています

一方で、答える側からすらば、大して興味のない相手かつ、正解より上でも下でも相手を不愉快にさせてしまう可能性が高いというリスクがあります

とうげつ
とうげつ

僕は今のカフェに入りたての頃、先輩にこの質問をされました。正解より5歳も年上の答えを出して怒られました…

だから、クイズ形式の会話が嫌いという方がいるんです

人は基本的に自分のことしか考えていません

だから、相手を回答者にしてクイズを出してしまうし話が盛り上がらないんです。逆にあなたが回答者になることで、会話を盛り上げることができるようになります

クイズ形式は会話を繋げていける

先程の兄弟構成の話を例にすれば

とうげつ
とうげつ

しっかりしてるし、後輩の面倒見もいいから長女じゃない?!

そう、あたり!たまに真ん中っ子って言われるんだよねー

とうげつ
とうげつ

そうなんだ!意外だね

じゃあ、自分はなんだと思う?

あてるね!うーん…

という感じで、あなたも相手もスムーズに答える側になることができ、会話が盛り上がっていくんです

それをきっかけに、「弟とはいくつ離れてるの?」とか「そのお姉さんはなんのお仕事されてるの?」っていう会話を続けていくこともできます

ちなみに答えの当たりはずれは関係ありません

もし仮に外してしまったとしても、本当の答えを聞いたら

とうげつ
とうげつ

あー!言われて見たらそんな感じする!

って言えば問題なしです

人は会話の主体が自分であるととても話してくれます。そんな時は聞き上手になって、より相手と仲を深めていってください

真の聞き上手の特徴は、会話以外のことに合わせるのがうまいでは、真の聞き上手はあることに合わせるのが上手いというテーマで書いているので次はこちらをご覧ください!

とうげつ

4年以上の接客業の経験から人との関係を充実させたい方の役に立ちたいと思っています/現在はカフェでマネージャーをしながら人との付き合い方や恋愛についてブログで発信しています/ Twitterでは人間関係や会話を良くするコツ、カフェ関係についてツイートしています

とうげつをフォローする
人間関係
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント