好きなあの人をクリスマスデートに誘いたい!OKがもらえる方法とは?

恋愛

クリスマスにあの人をデートに誘いたい!

という方は、クリスマスが近づくにつれてそわそわしてきているのではないでしょうか?

できることならクリスマスのデートを成功させたい

男子ならばそう考えてしまうもの

今回は、クリスマスデートの誘い方をお教えしたいと思います

スポンサーリンク

いきなりクリスマスデートに誘うのはNG

友人でもたまにいるんですが、いきなりクリスマス当日に誘う人がいます。

これはやってはいけません

クリスマスというのは1年の中でも超S級の特別な日です

そんな日に誘われれば、相手がどれだけ鈍かろうと多少は意識してしまいます

何度かデートしたり、飲みに行ったりする中であれば別ですが、まだ2人で出かけたことすらないのにいきなりクリスマスに誘うというのはリスクが大きすぎます

学校や職場で多少顔を合わせるくらいの人からいきなり高級ホテルのディナーに誘われたらどうですか?

ちょっと怖くないですか?なんか企んでそうって思いません?

それと同じで、クリスマスにいきなり誘うのはNGです

まずはクリスマス前にデートすることが重要です

クリスマス前に何回かデートする方がいい

クリスマスにデートしたいなら、その前に数回デートしたほうがいいんです

そうした方が相手も重く捉える可能性がグッと減ります

目安としては1回〜2回くらいデートするのがいいと思います

3回目くらいでクリスマスのデートに誘える方がいいですね

一緒に出かけたという既成事実があると相手もOKしやすいです

そして、デートすることで相手に恋人がいるかとか、普段話せない会話ができるのでより仲が深まりやすくなります

デートで会話が沈黙してしまったら、身の回りにある物をネタにするといいではデートで使える会話のネタをご紹介してるのでご覧ください

カフェデートは超オススメ

クリスマス前のデートでも、張り切り過ぎてはいけません

クリスマス前のデートで重要なのは、一緒にどこかに出かけたという事実を作ること

なので、一緒にランチをするとか、軽く一杯飲みに行くのを誘うだけでいいんです

オススメはカフェに誘うことですかね

誘いやすい

オシャレなところが多いので失敗しづらい

そこまでコストがかからない

というメリットがあります

誘う口実としては、

「オシャレなカフェ見つけたんだけど、1人じゃ行きづらいから付き合って」

「新商品が出たみたいなんだけど行ってみない」

「すぐそこのカフェで軽くランチでもどう?」

なんてものがいいですね

この方が誘いに乗りやすいと思いませんか?

必ずしもオシャレなカフェを知っている必要はないんです

スタバやタリーズの新商品を口実に誘ったっていいんです

ご飯代に比べれば、カフェでのドリンク代の方が遥かにコスパがいい

とうげつ
とうげつ

ここで断られるということは、そもそもそこまで親交が深まってないってことなので、クリスマスデート以前の問題です

デートの後にクリスマスの予定を聞いてみる

クリスマスデートに誘うタイミングは、クリスマスの前のデートの終盤ですかね

クリスマスって予定入ってるの?ってそれとなく聞くといいです

もし特に予定がなさそうならば

イルミネーション見に行ってみない?

クリスマス、ご飯でも行きませんか?

と誘ってみましょう

LINEでもいいですが、直接のほうが聞きやすいですし、デート中の熱が冷めないうちに聞けばOKしてくれる可能性が上がります。

回りくどい誘い方はダメです。ここはストレートに行きましょう

とうげつ
とうげつ

これでOKが出るということは、ほぼ確実にあなたに気があるということなのでクリスマスは一緒に楽しめるように頑張ってください!

何もしないのは一番やってはいけない

ここまで読んでくださってありがとうございます

クリスマスに向けて、ぜひ行動に移していただきたいです

読むだけ読んで何もしないというのはナシでお願いします

今回ご紹介した方法は自分が実際に試してみてうまくいった方法です

それまでは失敗もしましたし、そもそも誘いに乗ってくれないなんてこともたくさんありました…

もちろん、この方法が絶対にうまくいくと断言することはできません!

しかし試してみる価値は大いにあります

クリスマスはあの人をデートに誘いたいと思っている人は、クリスマス前のデートでぜひカフェを利用してみてください

カフェで働く者として、利用してくれるのはとても嬉しいです。ご利用お待ちしてます

とうげつ

ブログを2つ運営しています。このブログでは、日々の生活がちょっとおトクになるような情報を発信しています

とうげつをフォローする
恋愛
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント