オシャレになればモテるは嘘?本当のことを話します

大学生活

「モテる男はオシャレである」ということがよく言われますが、実はあの言葉は半分正解で半分は不正解です

結論から先に言ってしまいます

オシャレをしてもモテません

スポンサーリンク

オシャレをしてもモテない

僕は大学に入りたての頃、恐ろしく服のセンスがありませんでした

縞々模様のタオル生地カーディガンを着ていたとか、それこそ「船のいかり」形のチャックのついた文字入りシャツを着ていたりとか…

あげくサークルの女の先輩に笑われてしまいました

だから、モテたくてネットで調べたり、本屋でファッション誌を見たり、街中でオシャレな人をみて研究するということをやりました

しかし、モテることはありませんでした

ダサい人と歩きたくない

大学時代の経験でわかったことは、

女性は「オシャレな人が好きなわけではなく、ダサい人が嫌」ということです

もっと言えば、オシャレな人がモテるわけではなく、ダサい人がモテないんです

あなたの身の回りにもいるはずです

普通の服装なのに異性からモテモテな人

ファッションは変に思われないくらいのものでいいんです

ユニクロやGUの服を組み合わせたものでも良い

オシャレすることは大切ですが、モテる要素の必須事項ではありません

重要なのはダサいのがダメということです

とうげつ
とうげつ

身の丈に合わないパーカーとか、ヨレヨレのシャツとか、パリパリ財布とかがそうですね

人はプラスのものよりもマイナスのものの方が印象に残りやすいという研究結果があります、しかも悪い意味でです。

例えば、宝くじで1万円当たったのと、1万円を盗まれてしまったのとでは後者の方が印象に残るはずです

この人の服、オシャレ…!

って思ってもらうよりも

服ダサッ…

って思われないほうにシフトしたほうがいい

なので、オシャレになるために時間を割くよりも、「ダサい服装」を卒業するために時間を割いた方が時間もお金もコスパが良いんです

ダサい服装を卒業するには

自力で研究する

僕はこの方法をとりました

街中を歩く人の服を見て自分に合うかどうか考えたり、ファッション誌を読んで研究したりもしました

ただ、なかなか労力がかかる上に本当に自分に合っているファッションなのかどうかは他人からの判断でしかわかりません

コスパの面でいえばかなり悪い

しかも自分がいいと思ってもダサいと思われてしまう可能性だってあります

なので、もっと確実な方法は次からです

異性の多い環境に身を置く

男ばかりの環境より、異性の目がある環境に身を置くのも一つの手です

大学生であれば、サークルやアルバイトをそういう場所にしてみる

バイトであれば、カフェはオススメですよ

どこも人手不足なのでウェルカムです!

社会人であれば、習い事や朝活でそういう環境にいってみる

環境は人を作るっていいますよね

そうすれば必然と服を意識しだすようになります

コーディネートを人に頼る

自分の力では無理なら、外注してみましょう

あなたよりもオシャレな人、もしくは異性の友人に協力してもらうというやり方もアリです

少なくともダサい服装にはならないはずです

知ってる人に頼るのはなんか恥ずかしいという人は、「BEST STYLE ME」というファッションコーディネートサービスを受けてみてはいかがでしょう?

プロの方があなただけのファッションを考えてくれますよ

これで時間はかなり短縮できるので、浮いた時間を筋トレや読書などの自分磨きに当てられるといいですね

オシャレは足元から

ファッション意識していく上で、僕は服装よりも靴の方が重要だと思っています

服装が整っていても、足元がボロボロのスニーカーではバランスが悪いですよね?

【ファッション】服ももちろん大事だけど、大学生はもっと自分の靴を意識した方が良いでは、どういう靴を持っておけばいいのか?靴は何足持っていればいいのか?という疑問にお答えできる記事になっています

そしてオシャレを研究しててわかったのは、モテる人はみんな革靴を一足は持っています

【メンズ】オシャレをしたい大学生は持っておくべき革靴3選!ではオススメの革靴を3つご紹介していますのでご覧ください

誰もが使っているメーカーを取り上げていますよ

靴を意識すると、不思議なことに自然と服にも気を使うようになるんです

上からオシャレをするのもいいですが、下からオシャレをしていくというのも一つの手ですね

とうげつ
とうげつ

行動していけば、あの人を振り向かせられるかもしれませんよ?

とうげつ

都内のカフェでスタッフとして働いています。3年以上の接客の経験から、主に会話のコツや人との良好な関係の築きかたについて発信しています

とうげつをフォローする
大学生活恋愛
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント