カフェラテとカフェオレの違いって?これで今日からあなたも違いがわかる男

カフェ

カフェで働いていると、来店されるお客様によく聞かれることがあります

カフェオレとカフェラテってどう違うの?

僕もカフェで働く前までは全く同じものだと思っていました

今回はカフェスタッフの僕が、一般的なカフェに置いてあるドリンクの違いについてお話ししたいと思います

スポンサーリンク

カフェオレとは

カフェオレというのは、フランスで好まれる飲み方のことです

カフェ(cafe)はコーヒーの意味で、レはミルクの意味がある(lait)の短縮形

オは前置詞のauで、英語で言うところのinです

訳すとミルク入りのコーヒー

カフェラテとは

カフェラテはイタリア語から来ている言葉です

ラテはイタリア語でlatte、日本語にするとこれもミルクの意味があります

こちらも訳せばミルク入りのコーヒー

中に入れるコーヒーが違う

じゃあ結局同じじゃないかといわれそうですが、違う部分があるんです

中に入れるコーヒーが違うんです

カフェオレはドリップコーヒー

カフェラテはエスプレッソを入れたものになります

ドリップコーヒーといえば、聞き覚えのある方も多いと思います

スタバやタリーズなどでも出されていますね

ドリップコーヒーは、紙のフィルターに挽いたコーヒー豆を入れてお湯を注いで作るコーヒーのことです

コーヒーと言ったらこれが一番馴染みがあると思います

とうげつ
とうげつ

藤岡弘、さんがたまにテレビで「ありがとう…ありがとう…」と言いながらドリップをしていますね

一方のエスプレッソは、エスプレッソマシンという特殊な機械で落としたコーヒーのことを指します。

高い圧力をかけて短時間で抽出するのでドリップよりも味はかなり濃い目です

ドリップは比較的浅煎りの豆、エスプレッソは深煎りの豆を使うので、そもそも味が違うのです

※浅煎りの豆は酸味が多く、苦味が少ない、深煎りの豆は酸味が少なく、苦味が多いと言えばわかりやすいかなと思います

なので、カフェオレもカフェラテも全く別のドリンク扱いになるんです

コーヒーとミルクと量の比率はお店によってまちまちですが、

カフェオレはコーヒー5、ミルク5

カフェラテはコーヒー2、ミルク8

って感じですね

カプチーノの正体

カフェラテとカフェオレの違いはわかった

じゃあカプチーノってのは何なんですか?

と思う方もいると思います

ざっくり言えば「泡のミルクが多いラテ」です

カプチーノは、泡のミルク(フォームミルク)、液体のミルク(スチームミルク)、エスプレッソの比率が等分になったものです

カフェラテに比べて、カプチーノは泡のミルクが多いんです

なので、冷たいカプチーノというものは存在しません

カフェでカプチーノのアイスを頼んでも作ってもらえない理由がお分かりいただけたかと思います

これであなたもカフェ初心者脱出

カフェラテ、カフェオレ、カプチーノの違いがお分かりいただけたかと思います

とうげつ
とうげつ

これでカフェデートでも、仕事の軽い雑談中でも話のネタとして話すことができます

もし、これからカフェデートがする予定が控えているって方は、会話のネタに困った時に使える方法をデートで会話が沈黙してしまったら、身の回りにある物をネタにするといいでご紹介しているのであわせてご覧ください

とうげつ

4年以上の接客業の経験から人との関係を充実させたい方の役に立ちたいと思っています/現在はカフェでマネージャーをしながら人との付き合い方や恋愛についてブログで発信しています/ Twitterでは人間関係や会話を良くするコツ、カフェ関係についてツイートしています

とうげつをフォローする
カフェ
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント