大学生の50%は1年で2冊以下しか本を読まない。あまりに読まなさすぎるので今のうちに差をつけるべし

読書

大学生って本を読まなさすぎるみたいですね。

マイナビが約400名の大学生にアンケートを実施し、大学生が一年に読む本の量(電子書籍含む、漫画は除く)は、0~2冊が多く、その割合はなんと50%を超えているそう…

めちゃめちゃ少ないですね。

他のサイトも見てみましたが、多少バラツキはあっても、大体4~5割の大学生は1年でほとんど本を読まないみたいです。

本に当てるくらいなら遊びとか飲みとかにあてるって考えるんでしょうね。

まあ、わからんでもない笑

僕も大学3年までは全く本を読まない人間でした。

本は読むと疲れちゃうので嫌いでした。

なので、本を買うくらいなら遊びに使った方がいいと思っていました。

しかし大学3年の夏に読んだ、星の王子さまって言う本をきっかけに読書に目覚めました。

大学はもう卒業しちゃっていますが、今でも月に10冊、少なくとも5冊以上は読んでいます。

小説もビジネス書もマンガも哲学書も読んでます。

僕は多読派なので、面白そうだなと思ったらすぐ読みます。

なのでいつのまにか、飲み会とか遊びに使うくらいなら、本に費やすっていう考えになっていました。

たまに、こんな人がいるんですよ。

読書ってするの?って聞くと、

面白くなかったらお金の無駄じゃないですか?って言う人が…

確かに面白くない本もあります!

だけどそれが普通です。僕だって結構読んできましたが、ハズレが多かったです。

ですが、少しでもビビッとくるものがあればそれは当たりです。

何百ページもある中の、ほんの数行が自分の琴線に触れれば書籍代としては良い投資になります。

なので、本は良いですよ。

その人の考えをたった1000円~1500円くらいで買えるんですから。安いもんです。

これまで200冊以上は読んだと思います。

これだけ読めば普段の考え方とかも多少は変わってきます笑

ホントに本のおかげで視野が広まるので、ぜひ読書をしてほしい。

100冊読んだ時点で僕が感じたことを別記事にまとめているので、〇〇をご覧ください!

50%の学生が読まないってことは、読めば周りと差をつけられるってことですよ。

僕は必ず読んだ分以上のリターンを得てみせます!

なのであなたもせっかくこうやって文章を読んでいるなら読書始めてみてください。

では今回はここまで!

コメント