時間がない、忙しいとか言っちゃうのは完全に甘え

日常の疑問

僕は大学を卒業してから、時計をみることが増えました

それは、時間の管理を意識し始めたからです

正社員ではなく非正規雇用のカフェスタッフですが、それでも社会人であることには変わりないので、時間を意識して動いています

大学時代はあっという間でしたが、卒業してから時間の流れが更に早くなりました

大学時代も、時間の管理はしっかりしていたつもりでしたが、振り返ってみればまだまだ甘かったです

それで最近思うことがあるんです

時間がないって言ってる人はただの甘えだということ

スポンサーリンク

時間がないは完全に言い訳

大学の友人や、職場の後輩によく相談をうけることがあります

「〇〇してみたいんですよね」

「じゃあやってみたら?」

「でもする時間がないんです…」

このやり取り何百回とやってきました。なんかもう、やりません!って言ってるようなもんですよね

〇〇する時間がない?

本当にそうですか?

これを読んでいる方は、現にこの記事を読む時間があるわけです

僕はカフェで働いていますが、勤務時間は普通に7~8時間あります

朝番、遅番など多少時間のずれがありますがはぼフルタイムで働いています

それでもブログの記事は毎日書くようにしていますし、更新ができなくても下書きとネタの案だしは必ず行うようにしています

僕は新卒の就活に失敗して一度病み、自力でお金を稼ぐ力を身に着けたいと思って日々ブログと向き合っています

だから、時間が無いなんていってる暇ないんです

そのあいだに記事の1本でも考えてアップしたいんです

本当に時間に余裕がない人は、そもそもスマホ触ってこんなブロガーの記事なんてみませんよ。

つまり、時間がないって言ってる人はやらない理由を探してるだけです

何かを捨てないと得られるものがない

特に統計があるわけじゃないんですが、僕の経験上、時間がないって言ってる人は電車でスマホいじってSNSサーフィンやゲームをやっています

なにかを始める時って、結構勇気がいるものです

だからはじめの一歩を踏み出さない自分を正当化しているだけなんです

けど、それでは10年経ってもやりません

言い切れます。マジで保証します

今は出来ないとか、時間がないって言ってる人はやりません

絶対あるはずなんですよ、自由に使える時間

それを探して使えばいい

電車移動の20分でブログのネタを考えるとか、仕事の休憩時間中にニュースサイトや職場の人達との会話で情報収集したりしています

本当にないのなら、捨てる覚悟を選択肢に入れないとダメです

僕は大学での就活が嫌すぎて、新卒というプラチナチケットを捨てました

そして、ブログやnoteなどに時間を割くようになりました

簡単ではありません、PVは伸びないし、何度も挫折しました

すでにブログも2つ潰しています

試行錯誤しながら現在もブログの運営をしています

進撃の巨人のアルミンも

何かを変えることのできる人間がいるとすれば、大事なものを捨てることができる人だ

って言っていました

何かをやるってなった時、

・自由に使える時間を探す

・時間を割いている物事自体を捨てる

これを行動に移せば時間がないなんて言わなくなります

やってみてください。僕も時間がないって言って側でした

けど今はそんなことを一切口にしていません

過去の自分への戒めの意味も込めて記事にしました

では今回はここまで

とうげつ

都内のカフェでスタッフとして働いています。3年以上の接客の経験から、主に会話のコツや人との良好な関係の築きかたについて発信しています

とうげつをフォローする
日常の疑問
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント