時間がないとか言ってる人ほど電車でスマホいじってる

日常の疑問

僕は大学を卒業してから、時計をみることが増えました。

それは、時間の管理を意識し始めたからです。

大学時代はあっという間でしたが、卒業してから時間の流れが更に早くなりました。

大学時代も、時間の管理はしっかりしていたつもりでしたが、振り返ってみればまだまだ甘かったです。

それで最近思うことがあるんです。

時間がないって言ってる人は本当に時間が無いのかって

「〇〇したいんです」

「じゃあやってみたら?」

でもする時間がないんです…

このやり取り何百回とやってきました。なんかもう、やりません!って言ってるようなもんですよね。

〇〇する時間がない?

本当にそうですか?

これ読んでいる方は、現にこの記事を読む時間があるわけです。

本当に時間に余裕がない人は、そもそもスマホ触ってこんな一介のブロガーの記事なんてみませんよ。

つまり、時間がないって言ってる人はやらない理由を探してるだけです。

特に統計があるわけじゃないんですが、僕の経験上、時間がないって言ってる人は電車でスマホいじってSNSサーフィンする余裕があります。

なにかを始める時って、結構勇気がいるんですよ。

だからはじめの一歩を出さない自分を正当化しているだけなんです。

けど、それではいつまで経ってもやらないです。

出会ったことないあなたにもそう言い切れます。マジで保証します。

今は出来ないとか、時間がないって言ってる人はやりません。

絶対あるはずなんですよ、自由に使える時間。

それを探して使えばいい

本当にないのなら、捨てる覚悟も選択肢に入れないとダメです。

進撃の巨人のアルミンも

何かを変えることのできる人間がいるとすれば、大事なものを捨てることができる人だ

って言ってましたね。あれはグッときた。

何かをやるってなった時、

・自由に使える時間を探す

・時間を割いている物事自体を捨てる

これを行動に移せば時間がないなんて言わなくなります。

やってみてください。

自分への戒めの意味も込めて記事にしちゃいました。

では今回はここまで!

コメント