友達が少なくても、定期的に会える関係の友達がいれば一生モノの宝になります

大学生活

どうも!とうげつです!!!

以前、入学して知り合った人なんて4年生までに80%は会わなくなるから気にしなくていいという記事を投稿しました。

まだだよって方は是非ご覧ください!

今回はそれの延長線みたいなお話。

ちょっとお聞きします!

友達は多い方ですか?少ない方ですか?

ちょっと質問が大雑把すぎたので、少し聞き方を変えます笑

年に数回遊んだり、飲みに行ったりする人はいますか?

どうですか?

ちなみに僕は、はっきり言うと友達は少ないです笑

こんな記事を書いているくらいですからね笑

けど、だからといって全然悩んではいません。

なぜか?

友達が少ないからといってこれといった困ったことはないからです!

なので、友達が少ないことで悩んでいるあなたに向けて僕からメッセージを送ろうと思います!

スポンサーリンク

友達の定義とは

そもそも人によって、知り合いとか友達の定義って微妙に違うんですよね笑

なので、僕の友達の定義を言います。

毎年、最低でも1回飲みに行ったり遊んだりする人のことを僕は友達だと思っています。

その年1回限りじゃないですよ??

毎年ですよ?これなかなかすごいことだと思います。

こっちからLINEする、はたまた向こうから会おうぜって言って連絡が来る

そして実際にちゃんと会ってお互いの近況とか報告しあえるなんて最高じゃないですか??

会う回数が問題なのではなくて、会ってどんなことをしたのか、どんな会話をしたのかでその人と続くかは決まります。

友達が少ないことに悩む意味はない

なんで友達が少ないことに悩むんですか?

多いとなにかあるんでしょうか?

確かに毎日が充実するとか、遊びに行く相手が増えるとか、そういった点では友達が多いに越したことは無いです。

ただ、友達は量じゃなくて質です。

どうぶつの森をやっていた人ならわかると思いますが、村人8人しかいなくてもすごい仲良くなったのはせいぜい2人くらいだったはずです。

なので、

これだけしかいない

ではなく、

自分にはこれだけいるっていう視点に変えてみてください!

これだけで悩みが一個消えましたね笑

友達は少ないほど一生の宝になる

今いる友達って、もともと会う頻度が少なかった、もしくは今も少ない人じゃありません??

そして、結構頻繁につるんでいた人ほど意外と疎遠になっていませんか?

いつも一緒にいる人っていうのは、話の話題が尽きるし正直飽きます。

僕がそうだったので笑

今も定期的に会ってる人っていうのは、元々そんな頻繁に会う人じゃないんです。

それは向こうも同じ。

話題は常に新鮮で、飽きることはないです。

こういう関係って絶対に大切にした方が良いと思っています。お金では買えない貴重な財産です。

友達が少ないことで悩むのは大人になった証拠だと思う

これは僕の完全な持論なんですが、こういう悩みをもっていることが自体が大人になった証拠だと思います。

大半の人がどこかしらのタイミングで友達が少ないことについて悩みますね。

中学生の時かも知れないし、大学を卒業した後かもしれない。

しかしそれって今の自分の人間関係としっかり向き合っているとも言えますよね??

それは子供だとなかなかできませんね。

そんな悩みができたこと自体誇っていいと思います!!

少なくとも僕はすごいと思います!

さいごに

少しは元気というか、悩みは軽くなりましたか?

そうであれば幸いです!

さっきもいましたが、僕は友達は量ではなく質だと考えています。

僕も友達少ないことで悩んだ時期があったので、同じようなことで困ってる人に届けばいいなと思って書きました!!

いま自分の周りにいる人を大切にしてください!

では今回はここまで!!!

コメント