短期のインターンシップって100%得られるものはないから行かなくてもいい

大学生活

毎年、大学3年生になると、夏のインターンシップが始まりますね!

早いところでは3年生になった途端にエントリーシートなどでインターンシップの選考が始まってたりもします

私は大学側から就活サイトに登録させられました!

なんて人も多いのではないでしょうか?

来年就活だって人は、この時期いまいち自覚が持てずに、ただ漠然と夏のインターンシップに行ったほうがいいかなって考えていませんか?

僕は大学3年生の時、夏のインターンシップに参加しまくりました。

エントリーだけで9社、

実際に参加した企業は5社ですね。

多分人並みよりは多いんじゃないでしょうか。

僕が参加したインターンは、

1dayインターンシップと

数日間の短期インターンシップの2種類です。

他に1つの会社に数ヶ月っていう期間で働く長期のインターンシップもあるんですが、僕は参加しませんでした。

なので、今回は1dayと短期のインターンに絞った話をしますね!

先に結論から言っておくと

別に行かなくていいです

…はい?なんでやねん??

って思いますよね。

もちろんちゃんと理由を説明します笑

スポンサーリンク

夏も冬もインターンシップはいかなくていい

夏のインターンシップが終われば、冬のインターンシップが次に控えていますよね。

多くの企業は夏と冬の両方でインターンシップを行います!

そして内容や行うことはほぼ同じです!

特に大手企業であるほどその傾向が顕著

インターンシップ程無駄なものはありません。新卒の就活を捨てましたが、今振り返っても短期のインターンシップほど無駄なものはないですね。

行くだけ時間の無駄だと僕は思います。

インターンはグループワークという無駄な作業がほとんど

そしてインターンシップの内容の多くがグループワークです。

グループで商品の企画やキャンペーンの考案をして発表して終わり。

僕も参加していましたが、家で記事1本書いたり、どこか旅行に行ったほうがよほど時間の有効活用ができます。

それに、グループディスカッションなんて妥協の探り合いです。

あんなものやるだけ無駄です。

その辺の学生がたった15分程度で思いつく案なんて大体一緒です。

発表の時、大体のグループが同じような案を出したのにはちょっと笑ってしまいました。

なので、わざわざ参加する必要はないです。

インターンシップという名の会社説明会

しかも1dayインターンシップの中には、1時間近く会社の説明をするだけのものもあります。

スマホで調べれば10分足らずでわかるのに…

ちょっとだけ肉付けしたような内容なダラダラ1時間かけて喋っているのは無駄でしかないと思っていました。

なので、インターンって参加する必要は全然ないです!

インターンシップに行ったからといって、選考に有利にはならない

ちなみに4年生になって、夏や冬のインターンに参加した企業は全て本選考にエントリーしました。

もちろんインターンに行ったこともエントリーシートや面接で伝えました。

結果気になりますよね?

結果は惨敗でした

インターンに行ったからといって本選考に有利になるってことはもう昔の話です。

行く人が年々増えているからですね。

しかもインターンに行ってない企業のほうが選考がよく進みました。

中には、

業種によって内容が違うだろう!

その業種のことについて知りたいからインターンに行ったほうがいいのでは?

って思う人もいますよね。

これの答えも、行かなくていい!です。

僕は小売業、食品メーカー、ITベンチャーなど様々な企業のインターンに行きました。

しかし内容は商品やPRの企画か、内容の薄い会社説明がほとんどで大した差はなかったです。

ただ!

自分の興味のある企業や行きたい企業があるのであれば、早いうちからその企業について知れるので行った方がいいです。

人事の人と話せる機会なんてそうないですからね。

しかし、夏休み前って行きたい業種や企業が決まってないことの方が多いですよね。

なので僕は夏の間は興味のある業種や企業を調べて、本格的に動くのは秋ぐらいからでも全然大丈夫だと思っています。

さいごに

インターンシップに周りが行っているから自分も行った方がいいかな?

とか考えているのであれば、行かない方がいいです。

インターンシップに行ったから選考に有利になるっていうことは正直ないです。

あるとすれば、数カ月の長期インターンシップぐらいのものです。

無理して行くくらいなら、旅行したり友達と遊んだりした方がよっぽどいいですよ笑

せっかくの夏なんですから、最低限のことはやって思いっきり遊んじゃいましょう!

では今回はここまで!!!

コメント