一人旅のメリットってモテる要素がすごく多い件について

大学生活

どうも、とうげつです!

一人旅ってしたことありますか?

好きでよく一人旅してます!って人も、一人で旅行するのってなんか怖いっていう人もいますよね。

一人旅はいいぞ〜

僕はこれまで国内の色んなところに一人旅してきました!

函館、金沢、広島、京都、福岡、那覇などなど…

まだまだ行ったことのない県もあるので制覇して行く予定です!

それはさておき、今回は一人旅の良いところ、悪いところをあげていきたいと思います!

スポンサーリンク

一人旅のメリット

自分で全て決められる

文字通りですね。どこへ行くのも、何をするのも何をメインにするのかも全て、

自由だぁぁぁぁぁ!

昔、自由だぁぁぁぁぁ!!っていう芸人さんいましたね笑

何人かで旅行するときは必ずといっていいほど揉めますよね。

早くホテル帰りたい派と美味しい地元の人気店に寄っていきたい派にわかれたりしますね?

一人旅はそんなトラブルとは無縁です。

ホテルに帰りたければさっさと行けば良いし、美味しいものを食べたければそっちへ行くことも可能。

自分のペースで旅をすることができます!しかし言い換えれば全て自己責任でもあります。全ては自分の行動力次第です!

決断力、柔軟性が鍛えられる

旅行をすると、最低でも一回はかなり大きなトラブルに遭遇します。

特急列車が運休したり、雪で飛行機が離陸するのが遅れたり、切符なくしたりと様々です。(実体験です笑)

その場ですぐに予定の変更や順番の入れ替えなどをせざるを得ない状況に出くわすので、決断力や柔軟な対応が身につきます!

以前バスが遅れて飛行機の保安検査締め切り5分前に到着したことがありました。

あの時はマジで焦りましたね…

意外とトラブルはなんとかなります!

自信がつく

トラブルを乗り越える経験をすればやっぱり自信がつきます!

僕は全く人に意見を言えるような性格ではなかったのですが、昔よりは多少なりとも相手に対して自分の考えを自信を持って言えるようになりました。

旅行が終わって自体の最寄り駅に着くと、無事に帰ってきたと同時に、一人で計画することに自信がついちゃって、またどっか行きたいなって思っちゃうんですよねー笑

すぐ出発できる

思い立ったらすぐ出発ができるのも一人旅の魅力ですね。

僕、朝起きてすぐに黒たまご食いたいなって思い、その日に箱根の大涌谷に行っちゃったことがあります笑

即日出発は無茶でしたが、少なくとも思いたったらすぐに出発できるっていうのも一人旅の魅力ですね!

資金と行動力があればどこへでもいけますよ!

ここまで一人旅のメリットをあげてきました。

どうですか?モテるための要素多くないですか??

決断力がある男とか、自信をもってる男ってモテるじゃないですか?

じゃあモテ男たちはみんな一人旅をしているわけですね!

なるほど…じゃあ僕はいったい…

えー、メリットばかり書いてもアレなので、僕が思う一人旅のデメリットをあげます

一人旅のデメリット

ちょっと寂しくなる時がある

サークルの仲間と大勢で旅行したこともありますし、男二人、三人で旅行したこともあるからなのか、たまに一人旅してると寂しくなりますね。

今度は誰か連れてここに来ようって思ったりもします。

一人旅は、そこで得た感動を分かち合う人がいないことと旅行中は話し相手がいないことがちょっと残念ですね。

自分で何かを成し遂げるって、孤独でないといけないということをいつも思い知らされますねー

団体で入る店に行きづらい

例えば、複数人で来る人が多いお店とかは行きづらいですね。

地元の有名店でも一人で行くとなるとやはり厳しいものがある…

特に、お好み焼きや鍋物がおいしいお店は入りづらいですね…

なので、食べログの利用シーンの項目に一人で入りやすいの文字を見つけると少しテンションが上がります笑

さいごに

いかがでしたか?一人旅はデメリットも確かにありますが、それ以上にメリットが大きいです!

隣の県とかでもいいと思うので、一日お休みを確保して、日帰りでも宿泊でも一人旅を企画してみては!?

もし、日帰りでもいいから一人旅してみよっかなと思ってくれたら、【経験者が語る】国内を弾丸旅行するときに最低限準備しておくべき5つのことの記事でまとめたのでぜひ参考にしてください!

そして!旅のプランやグルメをメインにしたブログも運営しているので、ブログ 気ままにどっかいきたいも併せてご覧ください!

きっと役に立つ記事があります!いや、必ず役に立ちます!

では、今回はここまで!

とうげつ

都内のカフェでスタッフとして働いています。3年以上の接客の経験から、主に会話のコツや人との良好な関係の築きかたについて発信しています

とうげつをフォローする
大学生活
スポンサーリンク
気ままな日々を過ごすために

コメント