効率よく仕事や勉強をするなら、電車の中がものすごくオススメな5つの理由

日常の疑問

あはたは何か考えごとをしたり、作業を行う自分だけの場所って決まっていますか?

行きつけのカフェだったり、自宅の机だったり、学校や会社、近所の図書館だったり色んな場所があげられます。

僕は良く行くカフェでこうやってブログを書いています。そして、それと同じくらい利用している場所があります。

それは、

電車の中です

電車の中って、作業や勉強をするにはもってこいの場所なんですよ!

作業といっても、僕の場合、スマホでブログやnoteの下書きをするぐらいなんですけどね笑

なぜ僕が電車の中でブログの下書き、勉強など頭の使うことをしているか、以下に書いていきますね。

自宅やカフェと違って、電車って動いているから集中しやすいんです!

1つ1つ説明していきます!

スポンサーリンク

電車を降りる駅までの制限時間が明確

日本の電車のダイヤの正確さは世界トップレベルなので、何時何分に目的地に着くかは調べればすぐにわかります!

なので!駅に着くまでに構成を考えてみようとか、ここまでは終わらせちゃおうとか、簡単な計画がめっちゃ立てやすいんです。

それだけじゃなく、電車に乗っている時間ってそんなに長くないですよね?

長距離電車じゃない限り1時間以内ってことが多いんじゃないでしょうか??

なので!集中しやすいのも魅力の1つなんです!!

片道30分でも往復にすれば1時間!1時間確保できるのは非常に大きいですよね。

ただ、満員電車だったら元も子もないですが…笑

捗らなくても流れる景色で気分転換ができる

いくら電車の中とはいえ、集中が続かない時はあります。

なのでもし集中力が切れてしまったら、窓の外を見てください!

自分の知ってる町、知らない町の景色が一瞬で現れては過ぎ去っていきます。

いい気分転換になりますよ!

あんなとこにスーパーできたんだとか、あのアパート解体されたのか、みたいな発見もあったりして結構楽しいです。

え?地下鉄だったらどうすんのかって??

車窓を流れる蛍光灯を眺めるか、車内広告やモニターをみるくらいですね笑

けど捉え方次第では楽しめますよ??

週刊誌の車内広告を見てこんなニュースがあるのかとか、電車のモニターでちょっとした豆知識を得ることもできます。都内の地下鉄だと日経電車版ていう簡単なクイズを出してくれるコンテンツが流れていることがあります。

降りたことのない駅で途中下車できる

普段乗っている電車でも、通り過ぎるだけで降りたことのない駅ってあると思うんです。

僕自身、ブログを書きながらふと顔を上げた時に止まっていた駅が、普段何気なく通りすぎていた駅でした。

なんか興味出たんで降りてみたんです。

そしたら美味しいラーメン屋を見つけられたし、昔の知り合いにバッタリ会うっていう奇跡みたいなことが起きました笑

知らない土地の空気を吸うって、何かひらめくきっかけにもなるんです!

立って仕事ができるからはかどる

電車の中って、立ちながら仕事や勉強をすることができます!!

ずっと座っているより立ってやる方が集中力が上がるっていうのを聞いたことありませんか。

家でも立ってできるやん?って思いました??

おっしゃる通りです。

ただ家の場合、疲れてしまったら座る場所ってほぼ100%確保できるじゃないですか?

だから座ろうと思ったらいつでも座れますよね??

それにテレビやおやつといった誘惑もあるし…

その点、電車の中って誰がいつどの駅で降りるかなんてわからないですよね?

座れない時は本当に座れないし、誘惑なんてほとんどないです。

あるとしたら綺麗なお姉さんくらい。一瞬で集中力が切れます。

なので、電車の中で立っていた方が色々と都合がいいんですよね。

雑音のおかげで捗る

電車って色んな人が乗っていて、会話をしている人がいますね。

さらに、電車のガタンゴトンと揺れる音や空調の音が重なってちょうどいい雑音になってます。

人間って、静寂な場所よりもある程度雑音がある環境の方が集中しやすいと言われています。

電車の中はその条件を満たしています!

個人的ですが家や図書館より集中しやすいですね。

さいごに

僕はブログを執筆することに使っていますが、ささっと終わらせたいことがあったら電車の中っていう選択肢も加えてみてください!

書類の構成を考えるとか、届いたメールを送り返すとか、英単語の勉強をするとか、使い方はたくさんあります!

ただ、パソコン広げてガッツリ仕事をやるのは確実に迷惑になるのでやめましょう!!

では今回はここまで!!

コメント