自分の限界を知って凹んでたら2分だけ時間をください

 

どうもとうげつです!

 

この記事を書いている時、僕は究極にお腹が減っています。

 

 

みなさんも経験ありますよね??空腹で死にそうになったこと。

 

僕は朝昼晩と三食は必ず食べるんですが、学生という食べ盛りの時期なのですぐお腹が減ってしまう…

 

授業中や記事を書くときにお腹が減っていることが結構あります。特に給料日前のお金がないときは拷問ですね…

 

 

しかし!限界まで空腹になった時に食べるものはなんでもうまい!!

 

例えそれが70円で売ってるメロンパンだとしても!!

 

最初な一口は悪魔的…うまさです

 

そんな空腹を限界まで耐えるようになって、最近限界を知ることって大事だなぁって改めて思うようになりました。

 

限界を知ることは大事だって昔から言われてますよね。

 

よく例えにあげられるのが山登り。

 

一合目二合目と登って行き、足が重たくて、もうこれ以上登れない、無理だと思っても、それを乗り越えて頂上にたった時の達成感は、限界を知ったからこそ喜びがあるってやつです。

 

確かにそう。

 

限界を乗り越えたからこそ喜びに深みが出ますもんね!

 

しかし、僕が限界を知ることが大事だと改めて思った理由は別にあります。

 

それは

 

限界を知ると、その経験を他の人に話せるからです

 

例えば、極限の空腹を我慢したからこそこうやって記事を書こうと思いました!

 

他にも辛い受験を乗り越えたからこそ、これだけはやめておけ!とかやっておけ!と言えたり、限界までお酒を飲んだからその時の辛さとか対処法を話せたりします。

 

そう考えると、自分の限界を知ることって、自分だけじゃなくて、自分以外の人のためにもなりますね!!しかも経験者だからめちゃくちゃ説得力がある。

 

例えば食べることの大切さを語る時、

 

お金持ちの家に生まれ、食べることに不自由せずに甘やかされてきた人と、毎日食いつないでいくことで精一杯な時期を過ごした人とではどちらの方が説得力があるでしょう?

 

おそらく大半の人が後者だと思います。

 

なので、限界を知ってしまったら凹んでしまうのではなく、話せる話題が増えたと思ってしまいましょう!!

 

そして限界には苦労ってものが必ず付きます。これはもう避けられない。

 

苦労しなければ限界を知ることができませんからね…

 

変な言い方ですが、

 

進んでするべき苦労をし、今の自分の限界を知ってください!!

 

さて、もうさすがに耳鳴り起こしちゃうくらい空腹が限界に近いのでご飯を食べに行ってきます…

 

ではまた!!

コメント