本を読んで得られたことを、1年間で100冊近く読んだ僕がお伝えします!

すべきこと

どうも!とうげつです!

自己紹介を抜きにすれば、記念すべき1記事目です!

気楽に見てください笑

本って読みますか?

全く読まないって人もいれば、月に2、3冊、もしくは毎日読んでる!って人もいますよね?

読書離れって言葉があるくらい、若い人、特に大学生の約半数が読書をしないと言われているらしいんです。

本を読みなさい!とか、本を読まなきゃ教養がつかないぞ!なんて言われた経験誰しもありますよね?

そうは言っても、

「読むメリットが感じられない」

「読む時間がないっす」

「面白い本が見つからない」

みたいな考えが出てくるはず。

わかります、僕もそうだったので笑

僕が本を読むようになったのは、大学3年の夏頃、星の王子さまっていう本がテレビで紹介されて、ちょっと面白そうだなって思って買ったことが始まりです。

読書をこれまでろくにしてこなかったので、文字数が少ない本でも読むのに結構体力が必要でした…

あらすじはテレビで少し知っていたのですが、読み終わった後、

面白え

って純粋に思えました。

その後、他にも面白い本ないかなーって本屋に通いだしました笑

なんやかんやもう1年以上読む習慣がついてるって感じでーす笑

そんな経験してるんだったらお前も本を読めって言うんでしょ!?

って思いますよね?

ですが、僕は本を読めとはいいません!

今回は僕が読書をして得たこと感じたことを書きます!

それで少しでも読んでみようかなと思っていただければと思います!

スポンサーリンク

本を読んで得られたこと

思わぬ知識が手に入る

特に小説なんかでよくあったんですが、本の中には今まで知らなかった知識とか言葉が書かれています。

例えば、

・ピアノの調律には国際基準の音がある

・食前酒と食後酒のことをそれぞれ、アペリティフとディジェスティフって言う

・上がり框とか三和土の意味

などなど

主人公の友人がバーテンダーで、そこからお酒の知識が出てくるみたいな、意外なところから知識が得られるんです。

役に立つかどうかはわかりません笑

ただ、上がり框とか知ってると一目置かれますよ(経験済み)

本を読むと心が落ち着く

本を読むとですね、気持ちが落ち着きます。

面白いことに自分が何か悩んでたり迷ったりしている時に手にした本って、主人公や作者の人も似たような境遇だったりするんですよ。

それで、気持ちが楽になったことが何度もあります笑

名言じゃないところが名言になったりする

よく、売れている人気本にはメインともいえる名セリフや表現があるじゃないですか?

これは人それぞれだと思うんですが、何気ない文章が自分にとって名言になったりします!

これは人によって変わってくるんですよね…

言葉の引き出しが増えた

必然的に色んな言葉を見ることになるので、普段の生活で会話(特に年上の人)がしやすくなりました!

説明下手とか、内容が全然入ってこないって言われなくなりました、歓喜。

興味を持たれる

大学の中で本を読んでいると、友達に何読んでるの?ってすごい聞かれるんですよ。

考えてみたら、スマホいじってる人に何のアプリやってるの?ってあまり聞かないですよね笑

女の子から聞かれることが結構あって、そこから話が続くことがあります!

聞いてるか男子達!だから読書はいいぞ!

ここまで良いことを書いたんですが、逆に大変なことも書きますね !

本を読むのに大変だったこと

意外と体力がいる

読書って意外と体力を使うんですよ笑

最初は20ページ読むのが限界でした。

頭を結構使うので、読み終わった時はクタクタでした。

しかも頭痛がつくおまけつき笑

脳も筋肉痛みたいなことがおきます。ただ、頭痛が起きるってことはちゃんと頭をつかったってことです。

自分に合わない本は読むのしんどい

途中から内容が頭に入ってこなかったり、何度読み返しても面白くなかったらその本は自分に合ってないです。

しかも、自分に合わない本を買ったことによって、一層本を選ぼうっていう意識が高くなりますよ!

なので、合わない本は読むのやめても問題ないです。

読破するのに時間がかかる

読書するためだけに時間を捻出するって結構大変で、僕はよく行き帰りの電車で読んでました。

授業やバイトの前なんかでもいいですね!

例えば、片道30分かけて通学していたら往復1時間は読書に費やすことができますよ!

特に夏休みや春休みの大型連休は時間が取りやすいかも?

読むこと自体が面倒くさくなる

今も結構あるんですが、これまで本の内容云々ではなく、自分の読む気が失せる時が何度かありました。

なんというか、文字を読むことがかなり億劫になる感じっていったら伝わりますかね?

そんな時は何日か置いて、再び読みだしてました。

これをやるとまた読める。

さいごに

こんなところですかね!

1年読むだけでかなり気持ちが変わったってことはひしひしと感じてます。

面白いって思えた本に出合えたことが大きかったなと今でも思います。

「大学生なら絶対読むべきオススメの本を5冊まで絞った(小説編)」では大学生だけでなく、何から読めばいいかわからない、読みたい本が無いって人へ向けて僕のオススメの小説をピックアップしました!

最初の1冊は、誰かからのオススメでもいいので読んでみるといいですよ!

では今回はここまで!!

コメント